JCCG神経芽腫委員会(JNBSG)とは

 JCCG神経芽腫委員会(JNBSG)は,JCCG(日本小児がん研究グループ)のなかの,神経芽腫のよりよい治療を考える研究グループです.
 
 日本における神経芽腫の発症数は年間150-200人ほどと予想されますが,その中には,手術のみや比較的軽い治療で寛解可能なノンハイリスクから,非常に強力な集学的治療が必要となるハイリスクまでが含まれます.一つ一つの施設では経験が限られてしまうので,神経芽腫のより優れた治療法の開発のためには,多施設が協力し,多数の症例に対し,厳密に決められた治療計画に従って治療を行い,得られたデータを科学的に収集して評価を行い,そこから問題点を考え改善し,さらに次の治療計画を作っていくという,多施設共同臨床試験が必要です.
 
 日本では,1980年代から全国的な共同研究が開始し,とくに高リスク神経芽腫に対して、厚生省/厚生労働省の研究班を中心に研究と治療開発が行われてきました。1985年から澤口班,1991年から土田班,1998年から金子班へと引き継がれ,治療成績は徐々に改善されてきました.また,これとは別に国内の各地域ごとのグループによる臨床研究や治療法の開発が行われてきました.しかし,欧米の小児がん臨床試験体制はその間に著しく整備され、大型の臨床試験を実施する基盤整備が進んでいました。さらに,新たな抗がん剤治療、免疫療法、分化誘導療法、幹細胞移植などの新規治療法が次々に導入されるようになり、21世紀においては大規模な臨床試験体制の基盤を無くしては更なる治療成績の向上を望めない状況となりました.
 
 そこで,上記の厚生省/厚生労働省の研究班を中核に複数のグループが協力し合い,2006年に全国的な組織として日本神経芽腫研究グループ(Japan Neuroblastoma Study Group;JNBSG)が結成されることになりました.ここでは,神経芽腫に対する安全で有効な標準的治療法の確立と,より優れた新たな治療法の継続的な開発のため,各リスク群に対する臨床試験を計画・実施してまいりました.そして,平成26年よりJCCGが設立され,JNBSGは,JCCG神経芽腫委員会(委員長:田尻達郎)として活動を継続しよりグローバルに活動を行っています.